サロンを開くには

まつげエクステサロンで施術を行うためには、美容師免許が必要です。施術をする人は全員資格を持っていなければなりません。
美容師免許は専門学校に通うのが一般的ですが、通信制の学校もあります。時間はかかってしまいますが、現在他の仕事をしている場合などにはおススメです。
また、サロンを開業するに当たっては美容業としての保健所への登録も必要になります。美容業としての許可を受けるにあたっては、サロンの作業場面積や消毒設備などが適正である必要もあります。

また、取得していなければならないまつげエクステ専門の資格というのはありませんが、民間資格はいくつもあります。
まつげエクステの普及に伴いトラブルも取りざたされるようになりました。そのため、まつげエクステを受ける人にとっては、必須でないとは言えアイリストの資格を持っている人からの施術が安心です。
まつげエクステサロンを開くのであれば、何かひとつはアイリスト資格を取っておくと良いでしょう。

資格を持っている場合には、まずは事業・資金計画を立て、物件探し、美容機器の手配、人材採用、集客という流れが一般的のようです。

全国からまつげエクステを探す

駅・路線からまつげエクステを探す